忍者ブログ

Sketch

主婦兼イラストレーター。 多摩美術大学日本画科所属。

ほぼ完成、と、画集の添え書き2

私の画集は電子版で、二点発行されています。
先に紹介した津原泰水先生と、岡本賢一先生にお願いしました。
今回は岡本賢一さんの画集への添え書きです。

岡本賢一先生は、「放課後退魔録 ワラキズ<放課後退魔録> (角川スニーカー文庫)」
等軽快な文章が素晴らしい作家さんです。


*****************************
「ジューンっていう雑誌、あれはなんなんですか?」顔見知りの女子大生に、白昼の往来でそんな質問をされた。僕が小説かきを生業としており、少しは本や雑誌のことに詳しいだろう、と思っての質問だった。だが、ジューンという雑誌名はとんと聞いたことがない。
「ゼミの課題で、乙女ロード(腐女子の聖地)について調べているんです」
と言われ、僕はきづいた。
「それはジューンではなく、JUNE(ジュネ)だ!」
「JUNEってどんな雑誌なんですか? なんか怖くて読めないんです。岡本さんは知ってますか? JUNE」
「頼むから、その雑誌名を人前で連呼するのはやめてくれ!」
知っているもなにも、親兄弟にも告知できないその雑誌に、実は本名で、4作も小説を載せてしまっているのだ! とはさすがに言えない。口が裂けても言えない。当然のごとく、口が裂けたら痛くて言えない。ひらたく言うならばJUNEは、美少年や美青年が、くんずほぐれつ、差しつ差されつ、する耽美な小説や漫画の掲載された雑誌である。 どういう経緯で僕が、JUNEに作品を書くことになったのか、自分でも、今もって良くわからない。お金に困っていたわけでもないし、ゲイとかBLとか、そっちの気があったわけでもない。なぜ、こんなことになったのだろう?なんらかの力によって操られていたとしか思えない。まったくもって人生とは、不思議である。いずれにしろ、書いちゃったんだからしょうがないじゃないか!JUNEに掲載された4作のうちの最後の1作は笹生撫子(さそうなでしこ)氏との合作である。これも、どういう経緯で合作することになったのか「10 日前の夕飯のおかず」くらい良く思い出せない。合作小説のプロットは僕が考えた。考えたはずである。それを元に電子メールのやりとりで、頭から作って行った。それなのになぜか、プロットとはぜんぜん違う、というか意図的にねじ曲げられた、衝撃のクライマックスとなった。すべて笹生さんの意図である。意図によって、 僕は巧妙に操られた。そう言い切っても過言ではない。
......たぶん。  そして、彼女が究極の超弩級Sであることを、僕は合作するまで知らなかった。ちなみに笹生さんの『ピグマリオンの庭園』という小説は、鋼鉄製の人体破壊ロボットが美少年たちと危険な交わりをする話だ。JUNEに掲 載された作品の中には、その過激さから、クライマックスが袋綴じにされた作品もあるほどなのだ。合作小説における僕の衝撃を、水戸黄門のドラマで表 現するならば「黄門さまが八兵衛に強姦され」さらに
「ドSな八兵衛が、黄門さまを痛めつけすぎて、うっかり殺害!」
な感じなのだ。うっかりするにも、ほどがある。
自分の小説でありながら、これほど、クライマックスにおける登場人物の心情が理解できなかったことはない。ただただ人形のように感情を押し殺すしかなかった。
いずれにしろ、書いちゃったんだからしょうがないじゃないか!
この合作小説『死の趣向』と、僕が最初に書いたJUNE小説『塔の少年』、そして笹生さんが書いた危険な『ピグマリオンの庭園』を合わせて文庫化するという話になった。
それが小説家、津原泰水プロデュースによるテディ文庫『趣向』である。テディ文庫に関してはおもしろい暴露話がいっぱいあるけれど、それはまた別の機会に。
この時、イラストを描いてくれたのが目黒さんだった。漫画やアニメ系のイラストがつくことが多い僕としては、重厚かつ繊細で美しい目黒さんの絵は、恐れ多いくらいありがたかった。
そして完成したイラストは、想像以上に素晴らしかった。とくに表紙に描かれた主人公の陰鬱とした表情がぐっと胸に響く。
白い肌、サラサラの髪、人生を達観したようなその瞳は、なにを見つめているのか?
目黒さんの人物画、特に男性の瞳には共通した陰がある。この瞳には見覚えがあった。暗い森の奥にそっと広がる
静かな湖の水面を思わせる、あの瞳。そう、あれは確か……。
ーーーー
僕は絵描きではない。絵のうまい下手の判断はできない。でもわかる。目黒さんには、小説の世界観を的確に視覚化できる、特異な才能が備わっている。そこへ絵の個性をはめ込む技術にも長けている。それにより、挿絵を目にした作者は「その絵のイメージで自分は小説を描いた」そんな錯覚に囚われてしまうほどなのだ。
ーーーーそう、思い出した。あの陰鬱とした瞳。あれは憂いを帯びた球体関節人形の瞳だ。主人の思うがまま、どんな
色にも染まる、感情を押し殺した人形(ピグマリオン)だ。けれど、操り人形ではない。
目黒さんの仕事に対するバイタリティを見ればわかる。操られているわけでも、流されているわけでもない。
ままならないこの時代を生き抜くため、自分の感情を押し殺して抗い、その奥に闘志を秘めた、清くて強い瞳なのだ。
                 (了)
******************************************
この添え書きも、軽妙洒脱でありながら、しっかりと絵を受け止めて、褒め過ぎな位、褒めて下さったもので、大変ありがたかったです。

それから、春の課題用の絵が一段落しました。



右下、左下のレースを描くのが死にそうでしたが、
画像では良く見えないですね。
これから更に詰めて完成としたいです。

それから、てんこちゃんに教えて貰った『ペルソナ』のアニメ見ました。
私が見たのは、PS4だったのですが、絵がめっちゃ綺麗でした。
そして戦闘シーンがカッコ良い!音楽すごい!
アニメって久しぶりに見たのですが、
(最近観た映画といえば、寺山修司さんの「書を捨てよ街にでよう」でした…)
今のアニメって進歩してるんですね。
これは置いて行かれないように頑張らねばです。

拍手ありがとうございました!
****************************
Hさん、拍手ありがとうございました!
本当に鳥肌が立つような美しい文章ですよね。もったいないです。
私の絵のファンだなんて…いいんですか、こんな絵で。
私もHさんの絵のファンです(^_^)/
******************************

拍手[3回]

PR

コメント

1. 無題

添え書きの文章、クスッと笑えて素晴らしいですね。それだけ素晴らしいものをお持ちなんですよ!すごいな。

絵、ど迫力ですね!美しい〜!人なのに、こんなに素敵な絵を描けるっていうのが不思議な気がするのは私だけかな。

ペルソナ、私はゲームのファンですw今年もペルソナゲーム発売される予定ですよ

Re:無題

バービニーさん、コメントありがとうございます!

バービニーさん、岡本先生の文章面白いでしょう。
導入で笑わせておいて、締めるべき所は締めるって
感じでさすがプロの小説家はすごいな、と思います。

バービニーさんはゲーム版のペルソナおやりなんですか?
羨ましい〜〜〜!私はアニメ版しか観ていないのですが、
きっと凄く面白いんだろうな〜と思って観ています。
それにしても主人公君のペルソナかっこいいですよね…!

2. 無題

完成間近!!!

素敵素敵ぃ〜!
レース!
わかるよぉ〜。
ほんとに、繊細な部分が一杯でなりたってるのに
絵全体の印象は、大胆な感じ!
そんな相反した感じがいいわぁ❤️

ペルソナ!
紹介しておきながら、まだ全部見終わってないの(;´▽`A``

だけど、背景とかすんごい綺麗だよねぇ。
アニメだって事を忘れてしまいそうな。

そして、またまた素敵な添え書きを!
こんな風に言ってもらえるなんて
最高だねぇ〜!
ピグマリオン!(● ̄¬ ̄●) ジュルリ♪

Re:無題

てんこちゃん、コメントありがとうございます!

大胆なのに、繊細って言って下さってありがとうございます!

ペルソナですが、PS4が面白いですよね。
絵が綺麗で、世界観を良く現しているなと思います。
てんこちゃんには、IMADAっこのお洋服を作ると
いう使命があるので、とても楽しみにしています。

岡本先生は私がお人形好きって知らない筈なんです。
それで、ピグマリオンて言って下さって、
お人形ものの血は争えないと思いました(^_^;A

3. 無題

前回の作家と違い…噺家の【前節】ですよコノ語り口(笑)
プロの作家やめて週刊紙の記者でも食える…そんな文章内容です。エッセイなら読みたい!

スゴいなぁ…私は、セリンさんの写真を見てから人形の趣味が分かったのに、絵から読むとは…

文章読みつつ…そういえば、初見は、黒尾の瞳が【原作より想像した方の黒尾が…】感動してたコトを思い出して(笑)
……コノ先生の話し方、同感する わぁ(*´ω`*)

課題の方…
へ、蛇さんの方に目が行く(苦手…)!?
描き込んでますねぇ…
細かい…そして、空間も有って完成まで楽しみです♪ヽ(´▽`)/

Re:無題

ひろにゃんさん、コメントありがとうございます!

本当に岡本賢一さんは「人につい読ませてしまう」力をお持ちの方だと思います!
その為にたゆまぬ努力をされているのが伝わって来ます。

黒尾?私そんな黒尾なんて描いてましたっけ(^_^;A
私が描くといやらしさだけが強調されるような気がします。
久々に原作観たら、絵が随分変わっていてびっくりしました。

蛇頑張ったので、観て下さってありがとうございます!
あと一息です。

4. 遅くなってごめんなさい。

せりん@ちゃん、こんにちは、すごく楽しみにしていたので、見過ごすところで焦りました。(^_^;)

本当に美しく、繊細で迫力ですね~感動します。
実際の絵画を拝見したいですよね~キット何倍も感動するでしょうね~いいな~
観れる方が羨ましいです。

書き添えの文、小説の始まりのようで、どんどん引き込まれますね~
私もジュネ、嵌ってた時期があって(創刊のころ)見つからないように隠れて読んでいました。アハハ

でもでも、2人の少年、青年、受け止める人によって青年になったり少年になったりしますね。
百合の花はせりん@ちゃんの永遠の添え花のよう。レースは美しいです~

大蛇も動きとか迫力があり、すごい!!私実はは爬虫類大好きで、蛇って魅力ありますね。

これからも楽しみにしています。

実は少し体調が良くなく、病院通いが続いているので、なかなかミクシINできてなくて、でも忘れないでね~

Re:遅くなってごめんなさい。

Beatleちゃん、コメントありがとうございます!

しばらく見ないと思ったら、お体の具合が良くなかったんですね。
まだまだ寒い季節ですし、どうぞお大事に…。

繊細だけど迫力がある…嬉しい言葉をありがとうございます!

私もジュネ読んでました〜〜〜。昔に行く程好きでした。
エロが濃いというか(笑)
当時のジュネはすごくて、小林智美さんとか、
山田章博さんとか、ビックネームが挿絵を描いてましたね。
それがお目当てで買ってました。

私は石原郁子さんが好きで…。
北都小話とか、監督とかが好きでした。

私説三国志とかめっちゃエロくて面白かった〜〜。
ジュネでは最後迄読めなかったのですが、どんな感じで
終わったんでしょうね。

プロフィール

HN:
目黒詔子
性別:
非公開

カテゴリー

P R